四万十栗への思い

高知県西部の中山間地、四万十町の大正・十和地区は昔から栗の産業でにぎわっておりました。最盛期には年間約800トンもの生産がありました。

四万十栗の特徴としましては、通常の栗より一回り大きなサイズで、且つ糖度が20度近くもあり甘さに定評があります。栗園の広がる山の斜面に濃い朝霧が立ち、昼夜の寒暖差が大きいことが、良い栗が育つ要因になっています。

この四万十の栗が後継者不足・農家の減数に伴い産業として廃れていました。このような現状を憂い、山・人・地域を蘇らし、活性化するために「しまんと第一次産業株式会社」は設立されました。

栗の収穫には5年の月日が必要ですが、県外から先進栽培技術を導入し、除草作業・新植・剪定といった作業を繰り返し、ようやく収穫が近付いてまいりました。

四万十町大正・十和地区を活性化し、未来を豊かにする為に四万十栗をブランドとして確立したい。大きな夢を持って、歩んでおります。

年間スケジュール

8月下旬頃、実を落とし収穫が始まり、栗園は実が落ちる前に除草作業を済ませて栗拾い、栗の選別、水洗いをします。
9月に入ると栗拾いも本番になり、10月中旬頃まで続きます。
また収穫した栗は不良品を除く選別作業に入ります。

4月 堆肥散布
5月 接ぎ木
6月 除草作業
7月 除草作業、ミネラル散布
8月 除草作業、収穫
9月 収穫
10月 収穫、栗園整備
11月 堆肥散布
12月 堆肥散布、剪定
1月 剪定
2月 剪定
3月 剪定、新植/補植

  古き良き歴史 下津井

昔、梼原川が取り残した山を囲む下津井は、ぐるりとひと周りできる自然豊かな場所です。
平家伝説が残る仁井田神社には、樹齢数百年を誇る椋の大樹が生い茂り、古き歴史が残っています。
ツタに覆われるめがね橋は、かつて天然林の大木を搬出し、下津井地区が栄えた良き時代を偲ばせてくれる場所です。

ダム湖では、大型のベラが生息しており、多くの太公望たちのベストポイントとなっております。 ホタルの名所としても有名で、6月上旬から下旬にかけて、遊覧船に乗り幻想的な光景が楽しめます。

 

栗の産地として

ほんの50年ほど前まで、四万十町を含むこの北播地区では、年間にして約800トンもの栗が生産されていました。

しかし今では、高齢化が進み栗農家の激減により、放棄地も多く見られるようになりました。

昔から大きく甘い栗が採れてきたこの地域に栗栽培の先進地から導入した技術を注ぎ込み、地域の人たちや若者が誇りを持って豊かに暮らしていければとの思いで、この古き歴史のある下津井地区を拠点にスタート致しました。

自社の取組み

地区を元気にするために地域の会社と連携して栗をメインとした新しい第一次産業の形を作っています

栗の栽培技術について

昔から続く下津井地区の懐かしい情景と自然を守りながら栗園を管理するために、当社では無農薬での栽培を心がけています。

栗の先進地で行われている超低樹高栽培
木が日光を浴びて病害などに負けないくらい元気に育つ、無農薬/無科学肥料での栽培が可能に。

剪定について

  • 剪定をしないと他の栗の木の影になる
  • 枝の先にしか葉と実がつかず、木が弱る
  • 剪定をしてあげると大きくて甘い実をつけるようになる
  • 光合成をたくさん行い、木が元気になる
  • 脚立に登らなくても安全に手入れできるようになる

栗園の管理について

昔から続く下津井地区の懐かしい情景と自然を守りながら栗園を管理していくために当社では無農薬での栽培を心がけています。また、栗への病害を防ぐために毬や剪定枝などは栗園内に残さず、処理しています。

視察受け入れ

当社では栗園の視察をお受けいたします。
視察ご希望の方は、下記申込みフォームよりお申込み下さい。

氏名及び法人名
必須
担当者名(法人の方のみ記入ください)
住所
電話番号
FAX番号
メールアドレス
必須
希望日時
必須
  
人数
視察目的
備考
 

視察栗園の場所

お車をご利用の場合

  • 高知市から四万十町窪川まで、高速道路利用・約1時間
  • 四万十町窪川から四万十町下津井まで約1時間10分

公共交通機関をご利用の場合

  • JR予土線窪川駅から土佐大正駅まで約25分
  • 土佐大正駅から四万十交通バスで四万十町下津井まで約40分

代表挨拶

【農業で四万十を元気に】
そんな思いで四万十の栗を復活させることに決めました。

人がどんどん減っていくこの中山間地域ですが、大正・十和地区に昔からある栗の産業を今一度見つめなおし、栗の生産から加工、販売まで地区で手を取り合って行ない、経済力をつけていくことで関わる人を増やし、地域に元気な姿を取り戻していきます。

会社概要

会社名 しまんと新一次産業株式会社
代表者 山本 喜代晴
住所 高知県高岡郡四万十町河内279-2
電話番号 090-8975-1273
E-mail shinichiji@gmail.com
設立年月日 平成24年9月28日
資本金 700万円

沿革

平成21年 四万十の栗再生プロジェクト推進協議会設立
四万十の栗再生プロジェクト「しまんと新一次産業」全体構想完成
平成24年 会社設立
四万十町大正地区にある栗山を購入、整備開始
平成25年 特選栗栽培園認定
平成29年 ペースト加工開始予定

アクセス

お車をご利用の場合

  • 高知市から四万十町窪川まで、高速道路利用・約1時間
  • 四万十町窪川から四万十町河内まで約50分

公共交通機関をご利用の場合

  • JR予土線窪川駅から土佐昭和駅まで約35分
  • 土佐昭和駅からタクシーで約10分